04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖ヶ原線 最終日

穏やかな秋の陽射しが降りそそぐ中、ひとつの路線が最後の時を迎えました。

2号モジュール 聖ヶ原線

うさ鉄プロジェクトの初期段階に建設され(2009年7月)、過去2回の公開運転でも重要な役割を果たしました。
外周線の一翼を担うと同時に 専用小ループを備える独特のスタイルは 他のモジュールとは一線を画する存在でしたが、新年度の構想とはマッチしなかったため このたび先陣をきって後進に道を譲ることと相成りました。

2号モジュール33 2号モジュール34 2号モジュール35 2号モジュール36

2号モジュール37

跡地には 次回作の7号モジュールが建設される予定です。

リメイク方式でいくことを決断して以来(前話参照)、いつかはこの日が来ることを覚悟していたのですが、いざ最終運転の様子を眺めていると やっぱり惜別の想いは感じます。
これから先は こういう別れと出会いの繰り返しですね。
  
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

お国はどちら?

鉄もけ をやっていると、実在の設定にこだわるか 架空のシーンで楽しむか で迷うことがあります。

例えば、地元の路線や風景を忠実に再現すれば、それはそれで仲間うちで大変盛り上がるのですが、その代わり
なんで名鉄とJRが一緒に走ってんの?」 < うちの地元だとコレ
なんてツッコミも入りそうで、縛りを受けるのもイヤですね(笑)

というわけで うさ鉄は架空路線派で進めています。

聖ヶ原駅・聖ヶ原温泉 が架空の地名であることは既にお話ししました。
その他の登場人物(人?)について見てみると ・・・

2029_2号モジュール29
JR東海 313系電車 ・・・ 静岡、愛知、岐阜などで活躍中
JR東日本 165系 ムーンライトえちご号 ・・・ 東京新宿~新潟間 (現在は引退)

2031_2号モジュール31
路線バス ・・・ 九州産交バス(熊本市)がモデル

2030_2号モジュール30
観光バス ・・・ 道南バス(北海道室蘭市)がモデル

と見事にバラバラですね。
JR東海一色」にこだわってた頃が嘘のようだ ^^;

逆にこれだけバラバラだと、「後は四国のものを混ぜれば全国制覇だ」なんて わけのわからないことも考えたりします。
うーん やっぱり名鉄も入れたくなってきたな。


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

さまよえる駅2

2号モジュールには駅を 2箇所設けてあります。

一つはもちろん あの聖ヶ原駅ですが、ではもう一つは と言うと・・・

2028_2号モジュール28

外周り線の側には何も無くて淋しいので、こちらにも駅をちょいと置いてみました。

現実的には、この配置は あり得ないロケーションでしょうね。
(駅と駅の位置関係がおかしいです)
でも もし実在したら、珍しさゆえに鉄道ファンの来訪で賑わうかもしれません。

本日のブログタイトルでお気づきの方もおみえでしょうが、この駅の正体は着脱式の「さまよえる駅」です。
※詳しくは 6/28の記事参照
観覧者からの要らぬツッコミを受けないよう、ここには通常「ダミー地面」が置いてあり、気分しだいで たまにだけ駅を出現させる予定です。


ちなみに 着脱式と言えば、このモジュールには もう一つ取り外せる建物があります。
それは「消防団車庫 & 火の見やぐら」
もっとも こちらについては、レイアウトの収納や移動時に ブツけて壊さないように (特に火の見やぐらは背が高い分、引っ掛かりやすい) 保護する目的があります。
「さまよえる消防団」という意味でそうしたわけではありませぬ。 < 先にことわっておかないと後で怒られるかもしれん ^^;


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

観光バスは何を待つ

前回の画像にもチラリと登場しましたが、駅の裏手には観光バスも入れる専用駐車場が設けてあります。
元々旅館街からの要請で、お客の送迎車用に便宜をはかるための待機スペースは考えていたので、どうせなら観光バスにも対応できるようにしました。

2027_2号モジュール27

もっとも このバスの大きさだと駅前ロータリーに進入すると つっかえてうまく回れなさそうだったのでちょうどよかったのかも・・・ ^^;

それはさておき、なぜこの駅に観光バスがやってくるのか その理由付けをしておかなければなりません。
と言うのも、前述した通り各旅館からは送迎車が出るので、よほどのことでもない限りバスをチャーターする必要はないからです。
最初から観光バスで来るぐらいなら温泉に直行すればよいので駅に立ち寄ることはありませんしね。

ってことは ここでわざわざ列車からバスに乗り換えるほどの「何か」があるってことになります。

考えられるケースとしては「イベント列車」の存在でしょうか。
SLとかトロッコ列車とか、そんなのがあるのならバス旅の一行も「あっちにも乗ってみたい」と思うかもしれませんね。
バスはちょいと駅前に待たせておいて、今まさにひとときの列車旅を満喫しているのかもしれません。そんな光景を想像します。

うさ鉄にはイベント列車は未配備なのですが、どんな列車が似合うか考えてみてみたいですね。
改造してオリジナルなモデルを作ってみるのもいいかも。


テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

駅前作成を振り返る

無事に完成した うさ鉄 2号モジュール。今回から各所を再度クローズアップし、総集編的に出来栄えを振り返ります。

まずは何と言っても 駅前広場からですね。

2025_2号モジュール25

自動車や人形もそれなりに配置され、人気(ひとけ)のある街並みが形成されました。
ちょっと物寂しいような気もしますが、団体観光客がはけたタイミングだとこんな感じでちょうどいいのかもしれません。
でもやっぱりキャンペーンガールぐらい置けばよかったかな。ちょっと後悔。

足湯には 興味深そうにのぞくご婦人の人形を配置してみました。
結局 見た目だけではわかってもらえるか不安なので、看板でデカデカと足湯の存在を主張しています(笑)

2026_2号モジュール26

そう言えば、商店街の中に土産物屋を一店設けてあるのですが、そこの屋号はうちの娘の名前を勝手に拝借しています。
喜んでもらえるかと思えばさにあらず。「こんなお店要らない」と一蹴され、結局は父親に経営権が返されたことになってるんだそうです。何のこっちゃ。

しかし よく見てみたら、駅前ロータリーがせまい割には駐車場が目立つ光景ですね。
路線バスやタクシーの邪魔にならないように、一般車や観光バスが駅前をうろうろしないような設計にしてみたのですがいかがでしょうか。
それとも これなら広場や道幅をもっと大きく作ったほうが逆に機能的だったかな?

まあ 気にし始めると また作り直したくなってしまうので次にいきましょう。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

CalendArchive

プロフィール

うさだんな

Author:うさだんな

過去記事一覧

うさ鉄全記事のタイトルが目次形式で見られます

全ての記事を表示する

ブログ内検索

気になる記事があったらキーワードで検索してね

お便りはこちらへ

趣味友&ブロ友募集中 ^^  ご意見・ご感想もこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来訪履歴

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

ランキング参加中

リンク

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

ブログ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。