03
1
3
4
6
7
9
10
11
12
14
16
17
18
19
20
22
23
25
27
28
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踏切の存在感

鉄道模型のレイアウトにおいて、建物以外で重要なアクセサリーのひとつに 踏切 が挙げられます。

高架線にしたり、道路の配置を工夫すれば避けられないことはないのですが、私はどちらかと言えば 踏切を設置したい派(?)に属します。
皆さんご想像の通り 小さな頃から電車が好きな少年で、踏切を通るたびに「今 電車が来ないかなあ」と考えていたぐらい愛着をもっています。


さて、そんな私は 7号モジュール作成の際にあることを試してみました。

07044_7号モジュール44


7号には2箇所の踏切がありますが、そこに設置した 警報機・遮断機も全部 ペーパークラフト なのです。

これだけの数になると 市販製品ではコストがそれなりにかかる という理由ももちろんありますが、他にも こだわったポイントが2つあります。

1つは形状。市販品のモデルは 私には "線が細い" と感じてしまうのです。
まあリアルなサイズで製品化すれば 当然細くなるのでしょうが、レイアウトの情景のなかでは 下手すれば埋没してしまって目立たない感もあります。

今回のペパクラはデフォルメされている(元々子供向けの設計品を縮小印刷)せいか存在感については申し分ありません ^^
さすがに遮断機の棹は太すぎたので少し削りましたが、ペパクラなので追加工も容易でした。

もう1つは気軽に作り直せること。
これは公開運転をやっているゆえの悩みですが、踏切は常に 好奇心旺盛なお子様の攻撃ターゲット になってしまうのです(笑)
毎度破壊される運命にあるのですが、次回からはそれほどビクビクせずに済みそうです。
    
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

CalendArchive

プロフィール

うさだんな

Author:うさだんな

過去記事一覧

うさ鉄全記事のタイトルが目次形式で見られます

全ての記事を表示する

ブログ内検索

気になる記事があったらキーワードで検索してね

お便りはこちらへ

趣味友&ブロ友募集中 ^^  ご意見・ご感想もこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来訪履歴

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

ランキング参加中

リンク

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

ブログ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。