08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稜線現る

3号モジュールの「山積み」も終了し、山肌が見えてきました。
カッターナイフで稜線に沿って山腹を削り出し、その後 紙粘土やプラスター(石膏)を使って仕上げを行っていきます。

この辺は一見アバウトに見えて、実は緻密な作業です。
結果によっては、不自然なぐらい 急 or 緩斜面、でこぼこ いびつ な山になってしまいますので。

またトンネルポータルの位置にも要注意です。
斜面の形に合わせて ポコッと 口を開けたように見えますが、実際はその逆。
トンネルの口を先に作ってから それに位置を合わせて斜面の角度をつけなければならない ので結構大変なんですよ(笑)

だから、この段階に至るまで どんな山姿になるかは正確に予想できなかったりします。
今回の出来合えは ・・・ まあこんなもんでしょうか。

3004_3号モジュール4 3005_3号モジュール5

まだ 塗装前 なので、真っ白の雪山状態なのはご勘弁を。

それにしても この山って低いですねー ^^;
鉄もけレイアウトの山って、リアルっぽくすれば低い山になるし、それなりに高くしたれば デフォルメ的な急斜面にするしかないのです。
特にモジュールレイアウトの場合、ベースの奥行きが少ないので、山裾からの立ち上がりではほとんど高さを稼げません。

実寸を計ったところ、14cm弱(リアル尺だと 約 21m)でした orz
現実の鉄道なら迂回するか、発破をかけて切通しにするところなんでしょうね。

でもいいんです。レイアウトにはトンネルの一つぐらい設けないと!
大人になっても トンネルに出入りする列車の姿にはワクワクするものなのです。


スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

Secre

CalendArchive

プロフィール

うさだんな

Author:うさだんな

過去記事一覧

うさ鉄全記事のタイトルが目次形式で見られます

全ての記事を表示する

ブログ内検索

気になる記事があったらキーワードで検索してね

お便りはこちらへ

趣味友&ブロ友募集中 ^^  ご意見・ご感想もこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来訪履歴

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

ランキング参加中

リンク

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

ブログ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。