08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KEEP LEFT

前回の記事は おかげさまで久し振りにヒットしました ^^

↓ 2011/08/02記事「ミニカーブに散る」より 
http://tetsumoke.blog54.fc2.com/blog-entry-243.html

それに対する知人のお便りの中で「わざわざ奥の線路に入らなくてもいいのに」というご指摘をいただきましたので、今日はそのことについて触れてみたいと思います。


8号 Aパーツにある いずみ台駅は、単線区間の列車交換(行き違い)駅です。

この手の駅の場合、通常は左側通行で駅に入るのが基本になっています。
(一部の駅では様々な事情で右側通行になっている場合もありますが)

08041_8号モジュール41


つまり、右手方向に向かう列車は奥の線路へ、左手方向は手前側の線路へ入る、という基本ルールです。
このシステムは 鉄もけモデラーにとってもありがたいルールになっています。

どういうことかというと・・・

線路が2本に分かれるので 必然的にポイントが付くのですが、常に進行方向が決まっているということは いちいち切替操作をする必要がないのです。

手動操作式ではもちろん、今回の うさ鉄8号のように自動運転式にする場合でも、複雑な仕掛けである ポイント切替操作は少ないに越したことはなく、シンプルな仕組み = 安定稼働率向上 という計算が成り立ちます。

ん? ちょっと待てよ・・・ 逆に出発する場合はどうなるの?


08042_8号モジュール42


ここが面白いところで、逆から入った場合は どちら側に向いているかに関係なく 脱線せずいわば "強引に" 進めるのです。

実際には ① 一旦強制的に こじ開けて ② 通過後はバネの力で勝手に元に戻る 仕組みになっており、これを スプリングポイントと呼びます。(スプリング = バネ)

実在の鉄道でも、地方のローカル線などで見かけるもので、かつては人員省力化に寄与していました。
(現在は遠隔制御式が普及しており、通常式ポイントに昇格するケースもあります)

誰が発明したのかは知りませんが、私のお気に入りの鉄道技術の一つです。


--------------

にほんブログ村「鉄道模型」「レイアウト製作」ランキングに参加中です。
前回記事が 久々に "人気記事" にランクイン♪
こういう嬉しさがあるので やっぱりブログはやめられませんね ^^

↓ "1日1ポチ" 応援投票クリックはこちらへお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
 
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

Secre

CalendArchive

プロフィール

うさだんな

Author:うさだんな

過去記事一覧

うさ鉄全記事のタイトルが目次形式で見られます

全ての記事を表示する

ブログ内検索

気になる記事があったらキーワードで検索してね

お便りはこちらへ

趣味友&ブロ友募集中 ^^  ご意見・ご感想もこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来訪履歴

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

ランキング参加中

リンク

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

ブログ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。