08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手は克服できたのか

さて、これから 10号モジュールの情景を作り始めるわけですが、真っ先に手掛けておきたいところがあります。
いや 実際には最初のステップ(ボード作りの段階)から既にお目にかかってはいるんですがね。

池 もしくは 川のような水面表現の箇所は立体的に掘り下げるような形になるので、地面に凹凸ができます。
また初期塗装も地面と同じブラウン一色ではなく、水底用に青と緑の混色で下地を作っておきました。

↓ 8/13画像を再掲
10001_10号モジュール1


問題はここから。水面そのものをどうやって表現するかです。

実は私はこの作業が苦手で、過去にも人知れずいろいろな方法でトライしてきましたが、お蔵入り(ブログには載せられない)になった内容もいくつかありました。

シリコン系素材、透明プラ板、波型プラ板、木工用ボンド ・・・ etc.

今回はモジュールで一番目立つメイン情景ゆえ、失敗は許されません。
ってか失敗しようものなら最初から作り直しですね(笑)

よって、他の素材を載せる前に まずこの 池を仕上げてしまうことにしました。


・・・ 模型店の情景コーナーで悩むこと1時間半。

結局選んだ素材は ターナー色彩社の「水性グレインペイント(アクアシリーズ)」でした。
http://www.turner.co.jp/art/grainAqua/index.html

本質的には絵の具なので、川(池)の絵を描くような要領です。
ただし、粘性がありペースト状なので、ペインティングナイフで多少 "盛り付けるように" しておくと 乾いた後で波のように跡が残ります。
今回は池なので本当は静かな水面でよかったのでしょうが・・・ 目立たないことには意味がありませんし、少し大きめな池なので波ぐらい立つでしょう、ということで、少し誇張気味に表現してみました。

10005_10号モジュール5


うさもけむすめ1

ボートが波に
翻弄されていますが・・・(笑)

でもなんか
雰囲気は出ていますね ^^

  ↑ どうでもいいですが、娘のお茶目なイタズラはスルーしましたね (ボソっ)

色は深緑系(グリーンディープ)を選択。
まあ 清流ではないので、少し淀んだ感じで正解でしょう。
水面の光り方の具合も良好で、概ね期待したとおりの結果が得られました。

値段・手間もお手頃でなかなか良い素材にめぐり合えたと感じています。
機会がありましたらまた試してみましょう♪


--------------

にほんブログ村「鉄道模型」「レイアウト製作」ランキングに参加中です。
懸案事項もパスしたことだし、どんどん先へ進めてまいりましょう。
次回は池の周辺を綺麗に整地していきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
← 応援投票クリックはこちらへ
"1日1ポチ" お願いします♪
 
 
 
 
 
 
 
 




スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

Secre

CalendArchive

プロフィール

うさだんな

Author:うさだんな

過去記事一覧

うさ鉄全記事のタイトルが目次形式で見られます

全ての記事を表示する

ブログ内検索

気になる記事があったらキーワードで検索してね

お便りはこちらへ

趣味友&ブロ友募集中 ^^  ご意見・ご感想もこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来訪履歴

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

ランキング参加中

リンク

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

ブログ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。