05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改良バラスト工法

・・・ とタイトルに書いてしまうと多少誇張(おおげさ?)のような気もしますが。。。 ^^;

今回は久し振りに あのバラスト撒布作業のお話です。

あの、と銘打っているのは 以前からのうさ鉄読者さんはご存知でしょうが、この作業は私にとって「塗装」に次ぐ鬼門であり、毎回苦労したり失敗したり何やら事件があるからです。


うさもけむすめ2
たいてい ボード作成⇒レール敷設 のあとの
このタイミングで 製作作業のペースが
一旦ニブるんですよね ^^;

気が進まないのは
横で見ててわかるんですけど・・・ (笑)



気付いてるんなら 手伝うなり励ますなりしてください(笑)


さて、過去の 失敗 教訓を活かして 今回用いるのは以前も試したことのある「ヤマト糊工法」です。

↓ 「ヤマト糊工法」過去記事はコチラ
http://tetsumoke.blog54.fc2.com/blog-entry-81.html
http://tetsumoke.blog54.fc2.com/blog-entry-82.html

ポイントへのボンド水浸食事故が抑止できるのはもちろん、あらかじめレールの下に薄いプラ版を座布団のように敷いておくことで、あとで線路を引っ剥がさなきゃいけないような事態が起こったときに(いや そんなの発生してほしくはないけど 笑)被害を最小限に抑えられるのがミソですね ^^


13006_13号小型レイアウト6


今回は作業のさなか、さらに新たな改良が(偶然の産物ですが)生まれました♪

ヤマト糊工法で面倒なのは 糊 と バラスト量の配合比です。
通常1:1ぐらいが適切なんでしょうが、糊の方が少なければ固着しにくいし、多ければ手がベトベトになります ^^;
糊が多かった場合はバラストを追加すれば済む話なんですが、あるとき たまたま事前準備してあったバラストが尽きてしまい、新しい袋を開けて急遽中性洗剤で水分に馴染ませた分を緊急投入しました。

当然乾燥時間が不十分なので水分を含んだままの状態であり、ユルユルになるのを覚悟の上だったのですが。。。

これが予想していたより塗り付けやすくなり(ペーストより少しソフトって感じ)作業のテンポも良くなりました♪
もちろん施行直後は若干ユルユルですが、その後乾燥させれば水分が飛んで本来の糊成分が残るのでしっかり固着するようです。

とは言え、あまり水が多すぎると ボンド水工法と同じになり意味が無くなります(笑)
ヤマト糊工法でベトベトイライラ感を感じる際には ちょっとだけ水分を補って粘度を微調整するって感覚ではいかがでしょうか ^^


--------------

にほんブログ村「鉄道模型」「レイアウト製作」ランキングに参加中です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
← 応援投票クリックはこちらへ
"1日1ポチ" お願いします♪
 
 
 
 
 
 
 
 





スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

Secre

CalendArchive

プロフィール

うさだんな

Author:うさだんな

過去記事一覧

うさ鉄全記事のタイトルが目次形式で見られます

全ての記事を表示する

ブログ内検索

気になる記事があったらキーワードで検索してね

お便りはこちらへ

趣味友&ブロ友募集中 ^^  ご意見・ご感想もこちらへお願いします

名前:
メール:
件名:
本文:

ご来訪履歴

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

にほんブログ村

ランキング参加中

リンク

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

ブログ

FC2アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。